双眼鏡レンタルでは送料はかかる?送料無料の会社も!

大ホールでのコンサートやスタジアムでのスポーツ観戦、そんなイベントに参加する時に持っていると便利なのが、双眼鏡です。演奏者や選手の様子を間近に見ることができるので、楽しみが倍増します。最近は手ブレ補正機能などが付いた高級品もあって、臨場感がいっそう向上しています。
とは言え、バードウォッチングや天体観測などを趣味にしているのでもない限り、自宅に双眼鏡があるという人はそれほど多くありません。しかしイベントに参加する機会があまり頻繁にあるのでなければ、わざわざ買い求めるのも不経済です。

そんな時に利用すると便利なのが、双眼鏡のレンタルサービスです。必要な時だけ借りることができ、費用も借りた時しかかかりません。また、自分が持っているものより高性能の最新モデルが出た時でも買い替える必要がなく、借り直せば良いだけなのでとても便利です。
現在では、多くの事業者がインターネット経由でレンタルサービスを手がけています。フォームに従って機種や利用日数などを指定するだけで、自宅あてに届けてもらえます。料金体系は機種ごとの基本料金に利用日数を乗じるというのが基本ですが、1泊2日、2泊3日といった具合に比較的短期の利用であれば定額制を採用しているところもたくさんあります。

送料の取扱いについては、事業者ごとにまちまちです。往復とも送料無料のところもあれば、有料のところもあります。利用料金が一定額以上になると送料が無料になるという制度を設けているところもあったりします。使い終わって返送する時だけ有料、というケースもありますが、実店舗を持っている事業者であれば、店頭で直接返却すれば言うまでもなく送料を支払う必要がありません。
送料が有料になる場合、金額は双眼鏡1個につき500円前後というのがおおよその相場です。なお、送料無料を謳っている事業者であっても、遠方(北海道や沖縄、島しょ地域など)に発送する場合は例外扱いになるところが多いので、該当地域で利用したい人は注意が必要です。

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です